Heihei Bonbon Taika-naku / Kurihara's family private website




京の高級葛ようかん。丹精込めた梅干し。連日猛暑を乗り切る、ありがたい頂きものだ。今宵はナマ春巻きに初挑戦、食卓に涼やかな風を吹かせる魂胆。もちろん親父とお袋にもその涼味を届ける予定だが、はてさて…。雷注意報、最高気温35℃。幸い今日も生かされている。合掌。



駆ける

山利喜でエンジンを駆けて、昭和酒場で舞い上がる。正しいオヤジの夜の散歩コースは下町、森下で決まり。新館の煮込みも絶品、キンミヤが捗る。さて、待望のつなぎの修理が上がった。胸ポッケにスマホが入る(A)、ファスナーで出口を付けてもらう(B)。秋風が吹くころにはこれを着て、無難を求める自分に挑戦状を突きつける予定だ。




沢たまきの「ベッドで煙草を吸わないで」は怪しい大人の唄だった。自分の喰いぶちを稼いだら一人前、15歳でも堂々スパスパの雰囲気があった。ところが今、健康の二文字とオリンピックに向けて喫煙は断罪の対象、社会の片隅に追いやられている。大人に憧れ、ジャズ喫茶でスパ〜。30歳で煙草から足を洗い今ではすっかり嫌煙の自分だが、「全面禁止」には首を捻る。どんな時、理由でも「一面」はユルクあるべきだ。




まさか、よもやこれほどの大災害になるとは…。8日午後時点で、広島や愛媛をはじめ西日本各地で100名を超える死者・行方不明者を数える豪雨被害。家屋の損壊やインフラにも甚大な影響を与え、その痛手は広がる一方だ。「畳の上まで水が来て、押入れの中段で寝たんだぞ」と48年前に逝ったばあちゃんが話してくれたっけ。あの大水(カスリーン台風)から71年余、「おっかない」という言葉が去来する。



 なんだべぇ 更新箇所の案内、二回目以降はまずここから覗くべし 
 下手の横好き 三日坊主の寄り道人生、恥ずかしの趣味の遍歴
 同期の杉 杉戸西小(’63年度卒)、杉戸中(’66年度卒)の同窓生広場
 海外旅行 長年の夢がついに現実!リブレット持参のモバイル紀行
Google
作成・管理:埼玉県杉戸町/栗原 しげる