時の流れに身をまかせチェンマイ

28日は朝8時半、乗合ワゴン車で一日郊外に観光に出る。
現地ではお決まりのエレファントサファリツアー。
象のショー、象のり、水牛、筏下り、ラン園などに、バイキング昼食が付く。

8人で参加したツアーにはギリシャ、ドイツ、デンマーク人、それにバンコクからの旅行者がいた。
1時間のドライブの後、始めに挑戦したのがこの筏。仮面夫婦も映っているぞ。

 

象のショーを見物してから昼食。美味くって結局、お代わりしウドンまでいただいた。
その後、休まないで象に揺られた。これはきつい。

 

 

象の後はこの水牛で揺られる。結構疲れるもんだ。もういいな。
ほっとさせるのは昔ながらの馬頭観音様もどきに出会ったことだ。

 

そして帰り道の途中にラン園に立ち寄った。別に説明、感動はないな。

 

そして夜は、屋台街に足を運んだ。晩飯の前に、フットマッサージに引き寄せられた。
1時間100B、これが気持ちイイのだ。足に止まらず、肩までモミモミしてもらった。
賞味期限と使用期限が切れかかった夫婦共通の楽しみである。

back/next