ピザを肴にサッカーを飲もう
去年のフランスに味を占めたサッカー遊山。今度はイタリアに

2月11日2月12日2月13日2月14日|2月15日|2月16日


何を隠そうこの朝、5時に起床。ペールジャ駅発06:50の列車でローマに向かうためにである。
ローマまでの直行列車はこれを逃したら夕方までない。
宿を6時に出て、バスで駅まで行く。朝飯は駅舎内のバールで揚げパンとミルクコヒーを流し込む。
来るときは18000リラの列車だったが、帰りはその倍35500リラのユーロスターである。
選択肢のないなかの選択、シャーないか。

ローマ最終日、昼飯は生ハムのサンドイッチとビール。
街を歩くとサッカーくじの払い戻しにぶつかる。

観光の定番、コロッセオ。これで観光見物は終りだ。
60000リラの宿、「ケンブリッジ」ホテルに戻ってのんびりしよう。
今回ローマのホテルはすべてテルミニ駅の東側にとった。
西側と違って、静かで治安にもよさそうだからである。

苦は長く、楽は短い。いよいよ明日は帰り。アッという間に時間が流れた。
最終日と思うといささか感じるところもあるもんだ。
気張って中華をテイクアウト。ビールもいい。
よか気持ちになってしまった。だるくなってしまったのでこのまま寝ちゃおー。