〜旅行期間:1999年5月1日〜5月9日〜

5月1日5月2日 | 5月3日 | 5月4日5月5日5月6日5月7日5月8日


三日目はベネチア(ベニス)を目指す事となった。
ミラノから列車で約3時間、サンタルチア駅に着く。片道34,000リラ(2400円)。
さすがイタリアの穀倉地帯。車窓に流れる風景は、日本とよく似ている。

駅内のインフォメーションで一つ星のホテルをリクエスト、予約をとる。
140,000リラ(10000円)で朝食が付く。観光地、値段もそこそこだ。

ベネチアの足は、バポレッタと呼ばれる船しかない。18,000リラの1日・24時間乗船券を買い、動く。
予報では明日天気が崩れそう。荷物をホテルに預けて早速、観光に繰り出した。
まずは写真のサンマルコ寺院。1063年から十年の歳月をかけて建造された建物である。

しかし、いくら立派でそれなりの歴史を背景としたものでも、教会ばかりではいささか食傷気味。
京都のお寺見物と変わりない。これって、学のない者の感想なのだろうか。
広場をぬけて、細い観光道を右に左に折れて歩きつづけリアルト橋に到着。
運河を渡ると、魚市場が現れた。庶民の臭いにあふれたこの地は明日の観光コースとしよう。