旅行期間2000年11月18日〜11月25日

嫁さん孝行はロンドン・マドリード

11月18日11月19日11月20日|11月21日|11月22日11月23日11月24日

いや〜しかし、困った。頭の中に有るのは、26日の法事に出られるかどうか。
何を隠そう小生、現在ではうだつの上がらないただの中年オヤジだが、実は凄いのであるぞ。
そもそも栗原家は元禄年間に興され、栄華・隆盛を極めたこともあるとかないとか。
控えおろう!!第12代家長なのでありんす。

口上はいい加減にして、21日はマドリードへの移動日である。

ヒースロー空港から、マドリードまでは約2時間半のフライトだ。
この世のお別れになってもいいように替わり番こに、BA機を背にパチリ。

滑走直後の眼下の様子。天気も上々だ。

なんたって楽しみは機内食。始めにオランダ産の泡の立つドリンクを。
そして、食事にはニュージーランド産の白ワインでをいただいた。

マドリードの空港からはタクシーで30分。治安と疲労を考えての値の張る選択である。
ホテルは中心地「ソル」から歩いて5分の湯船付きの宿だ。
一泊7000ペセタ、約4000円のホテル「Plaza D'ort」をインターネットでリザーブしておいた。

ここのマダムは英語はダメ。小生の流暢なゼスチャーでチェックイン完了だ。疲れたべぇ。

荷を簡単に解き、プラド美術館に歩いて向かう。明日の観覧に備えて、ガイドブックを買う為にである。

その後、閉店間際のスーパーに水とビールなどを買い出しに。
缶ビール6本、水の大ボトル、ハム、大のヨーグルトが〆て600円弱とありがたいお値段である。

晩飯はこれまた奮発の日本料理。現地人にも人気の「どん底」で、刺し身定食、
かけうどん、酢の物、ビール小瓶2本をいただき、2800円程でした。

明日は市場見物、その後にプラド美術館へいきます。