香港便り其の二

6時前に、勝手に目が覚めた。
あ、言い忘れましたが時間はすべて、現地時間。
香港では24日、立法会の選挙が行われます。(写真)
街には、いろいろな候補の看板が掲げられていた。

朝飯は近くの店で餃子入り麺とお粥。25HK$、普通の味。
泊まったゲストハウスはネーザン通りに面したインペリアホテルのとなり。
小生、下町の雑多な雰囲気が好きなので、佐敦にあるという
台湾系旅行者相手の旅館を目指すことにした。

その手の旅館の中から、佐敦道と上海街の角にある金菊園統一マンションの
五階にある、僑興旅館(写真)に決め、部屋を見せてもらう。
テレビ、エアコン、電話、小さなバスタブとシャワー、ツインだし、
部屋もこ綺麗で,広さも二倍。グーだ。早速の値段交渉に入る。
230HK$を、二晩で400HK$で手打ちだ。予算より高いが、雰囲気が気に入った。
会話はすべてゼスチャーと筆談、それに笑顔だ。

昼飯は、テイクアウトの焼きそばと缶ビールが二本。〆て38HK$也。
シャワーの後、これがいい。1時間ちょっとの昼寝もした。

困った。ここも電源のプラグが合わないのだ。旧式なのだ。
仕方なく、持参のワニ口クリップでコンセントから直取りとする。
すると今度は電話だ。ここには機能いっぱいの電話機が付いている。
天井近くで見つけたRJ-11タイプのモジュラーにつないでも、テスターに反応がない。
ラインが4芯式。そのせいもあってか、やっぱ、繋がらない。
電話機を外しても、どれが通信ラインか分からないのだ。

夕刻、メールで知り合った53歳の「鵜殿」という叔父さんと、
ホリディインホテルのロビーで会うこととなった。
初対面の見知らぬ者同士で一献やろう、という段取りである。


其の一|其の二|其の参結語