猫に小判フィレンツェ

ルネッサンスに魅せられて

4月29日|4月30日5月1日5月2日5月3日5月4日

いよいよ束の間のわが世の春、GWのスタートだ。
いつも思うことだが、旅行は出かけるまでが楽しい。
始まったら坂を転がるように、あっと終わる。

朝6時に自宅を出て、成田空港に着いたのは8時過ぎ。
手荷物検査に、そして出国審査に長蛇の列である。
改めて、この列の末席を汚すことができる幸せに感謝する。

今回の旅行は、豪州で購入したルフトハンザ航空の航空券。
去年の二の舞を踏まないために、座席は事前予約した。

成田からドイツのフランクフルトまでは11時間。
乗り換えて約2時間、目的地のローマに着く。
成田からローマまで乗換えも含め、14時間かかる。
テルミニ駅(ローマ中央)のホテル到着は、
成田から16時間たった、現地時間20時であった。
ちなみにイタリアと日本の時差は夏時間の今、マイナス7時間。


<ローマ中央・テルミニ駅>

ホテルはネット予約した★★、80ユーロ。シャワー・トイレは共同である。
「RUBINO」は案の定、期待に違わぬ安宿であった。

3人の日本人がイラクで誘拐された事件と同じ頃、1名のイタリア民間人が殺された。
そして、スペインの鉄道爆破事件を引き金に、イラクから撤退の動きが加速された。
ここローマでも、民間人犠牲者を悼む集会が宗教者や多くの市民で行われたようだ。
また、アリタリア航空の労働組合ではメーデーを控えたこの日、ストを構えていた。

飛行機では昼飯が2回、中食が2回振舞われ、腹具合はよろしくない。
ホテルでの晩飯は、日本から持ちこんだ冷やし中華と発泡酒Byセブンイレブン。
冷やし中華のすっぱさが疲れた胃袋にやさしく効いた。