98 FIFAサッカーワールドカップ観戦紀行

6月19日

TOP17日18日19日20日21日22日23日

二人とも疲れて早寝をしたせいか、6時に目が覚めた。メールの到着などをチェックして、朝飯。
立派なブレックファーストには違いないが、鯵の開きにあさりの味噌汁、白いご飯が恋しい。
<上の写真は、宿泊先のホテル12階から北北西のセーヌ川を眺める。
手前の旗の立っている建物は、オーストラリア大使館>

食後のんびりウンコして行動に移す。二人でまず凱旋門を目指す。いたいた世界のお上りさん。
シャンゼリゼ通りをぶらぶらし辿り着いたのが、オフィシャルサッカーグッズ店。
これがまた凄い有り様になっていた。日本人の買いあさりの図がそこにあったからだ。
ニッポン関連グッズはすっからかん。「H組」関連も品薄状態。日本人観光客、様ゝだ。

田久保とはこの後別行動。栗原はスポーツ屋へ、田久保は三越を目指した。
結果、二人とも意中のものをゲットできなかった。が、田久保が、犬も歩けば棒に当たった。
田久保は穴場のサッカーグッズ店を見つけ、いろいろ手に入れた様子。
栗原は例のガスボンベを見つけたものの、形式違いでキャンノット。

ここで昼飯事情。近くの中華店でテイクアウトした、チャーハンと豚肉野菜炒めだ。
「やっぱ、中国人とは仲良しこよし」−−二人の共通意見である。
真っ昼間からビールを流し込んだ栗原は、お昼寝。田久保は暫しテレビ観賞だ。

夕刻、田久保はブローニュの森に「ナイジェリアvsブルガリア」戦を偵察に出かけた。
ちなみに栗原は2-1で、ナイジェリア。田久保はドローの読み。しかし券など無いだろうに・・・。