パソコン

2005年12月末、シャープ製「W-ZERO3」を入手。
PHSのウイルコム社と提携したPDAである。
早速、年末年始の海外旅行に同伴し、大いに遊んだ。

写真は、2004年6月時点の使用機である。

まず写真左は、2004年5月に入手したWindowsCE機「シグマリオンV」。
そして新製品のPHS「AH-K3001V」京セラだ。
5年ぶりの新調となったPHSは、ブラウザの閲覧も可能という優れもの。
また、WindowsCEは起動も速く重宝している。
これ一台で画像編集、HP作成、アップロードが可能だ。

右の写真は、IBM「アプティバ」とPanasonic「レッツノート」。
購入から4年は経過しただろうか、このIBMが現在の主力機である。
スペックはCPU886M、メモリ256M、OSはWin-Me。

一方、魅力のトラックボールを備えた「レッツノート」は、
東芝「リブレット70」が壊れた今、海外からサイトアップに貢献している。
ちなみに、秋葉原裏通りの中古店で一万円余でゲットしたもの。


現役を退いたモバイル機。
左からPHS、シャープ「ザウルス」、東芝「ジニオ」。
端末のDDI「エッジ」、ドコモ「2PWL」が見える。


消費税5%を目前にした1997年2月、月刊「スーパーアスキー」の
ペンティアムPro搭載機種でべストバイ商品に選ばれた、日本DEC
「CELEBRIS GL 6200ST」をT-ZONEミナミで購入。
2000年までのメイン機と決め、会社の共済で借金、奮発した。
以下、本機のスペック、現有周辺機器を紹介したい。
通信環境はISDN(64k)、モバイルにはPHS(最高64k)。
Macを除き、二台のパソコンはLANで接続されている。

1.メイン機「Digital Celebris GL 6200ST」日本DEC社

OS:Windows 95
CPU:Pentium Pro 200Mhz
Memory:EDO 96MB
HDD:2GB
モニター:三菱RD17GU
導入:1997年2月

2.モバイル機「Libretto70CTA」東芝

OS:Windows 95
CPU:MMX Pentium 120Mhz
Memory:EDO 32MB
HDD:1.6GB
導入:1998年1月

3.PDAザウルス「igeti」シャープ

導入:1999年5月
同年9月、PHSと共に忘失

4.周辺機

・プリンタ ー:PM-770C
・スキャナー:HP社 ScanJet5
・ISDN:NTT社 INSメイトV-7DSU

5.現役引退機「Perfoma 575」マッキントッシュ

OS:漢字トーク7.51(12月にインストール。HDDぎりぎり)
CPU:66Mhz
Memory:8MB
HDD:160KB
導入:1994年1月